iPadがサブディスプレイにもペンタブレットにもできるアプリDuet ITかあさん

ITかあさん

iPadがサブディスプレイにもペンタブレットにもできるアプリDuet

iPadがサブディスプレイにもペンタブレットにもできるなんて!

iPadで動画編集とか楽そうと思って導入したんですが、現在はサブディスプレイとしても活用してます。

 

iPadとMacそれぞれにDuetというアプリをインストールすることで使えるようになります。

iPad非対応のMacのアプリがiPadから操作できる

最近、デザイナーではないのですがデザインとプログラム両方を兼務するお仕事を頂きましてiPadでデザインできたら楽しそうだなあと思っていたのですが、対応アプリ、スペックに限界があり叶いませんでしたが、サブディスプレイ化させることでAdobeソフト、SketchもMacに繋いだ状態ならペンタブレットのようにiPadを使うことができます。

iPadでSketchを開いている状態。問題なくすべての機能がつかえました。

もちろんApple Pencileも使えるよ!

Sketchで現在はデザインを行うのですが、DuetをMac iPadそれぞれ起動させてつなぐことでSketchの操作がiPad上でできました!

私の絵心ではこれが限界ですが、Macにしか対応していないアプリも画面をサブディスプレイ化させることでペンタブでお絵かきができました。

 

遅延は発生するか

この手のアプリは遅延してカクカクするんですけれど、あまり気になりません。(あまり、という意味で全く気にならないわけではないです。たまにもたつくくらいで、ペンタブ代わりにちょっとお絵かきするくらいなら全然あり)

接続には有線が必要ですよ

データ転送ができる純正のケーブルが一本必要です。(純正じゃなくてもいいかもしれないけど、試してません)

有線でつなぐからこその速度感かのかもしれません。

サブディスプレイにもペンタブにも欠かせないアイテムになりそう。