npmのn(エヌ)によるnode.js最新版のインストール ITかあさん

ITかあさん

npmのn(エヌ)によるnode.js最新版のインストール

任意で適当に作業用ディレクトリを作成

chihiro.matsuda$ mkdir react_sample
chihiro.matsuda$ cd react_sample/

nodeとnpmのバージョン確認とアップデート

npmはインストールされている前提で進めます。

npmのバージョン確認

npmのアップデート情報ありましたらアップデートを行ってください。

chihiro.matsuda$ npm -v
5.5.1
   ╭─────────────────────────────────────╮
   │                                     │
   │   Update available 5.5.1 → 5.6.0    │
   │     Run npm i -g npm to update      │
   │                                     │
   ╰─────────────────────────────────────╯

chihiro.matsuda$ npm i -g npm to update

npmのバージョン確認

chihiro.matsuda:react_sample chihiro.matsuda$ node -v v8.9.1

ややこちらも推奨バージョンからは低め。 せっかくなのでLTS(推奨版)の最新である8.9.4を使いたいと思います。

(最新のnodeのバージョンは公式でご確認ください)

npm パッケージである n を導入

nodebrewっていう選択もあるんですが、windowsだと選択肢に無いので、npmパッケージのひとつであるn(エヌ)を導入して、最新のLTSの最新のnodeを導入します。

chihiro.matsuda$ npm install -g n
/usr/local/bin/n -> /usr/local/lib/node_modules/n/bin/n
+ n@2.1.8
added 1 package in 3.094s

nでインストール可能な最新のバージョンを確認する

chihiro.matsuda$ n --stable
mkdir: /usr/local/n/versions/node: Permission denied
mkdir: /usr/local/n/versions/io: Permission denied
9.4.0
chihiro.matsuda$ n --lts
mkdir: /usr/local/n/versions/node: Permission denied
mkdir: /usr/local/n/versions/io: Permission denied
8.9.4

stableは9.4.0 LTSなら8.9.4のようです

その前にPermission エラーが気になりますね。 n では、この/usr/local/n ディレクトリに指定したバージョンのnode.jsがインストールされます。よって、インストールコマンドを叩く前に、ディレクトリを作って 権限を与える必要があります。

chihiro.matsuda$ cd /usr/local/n
-bash: cd: /usr/local/n: No such file or directory

ディレクトリ自体が存在しないようです。

/usr/localディレクトリにnディレクトリを作る

/user/localは macならばsudo しないと作れないので、sudoでroot権限でディレクトリを作って、whoamiで現在のユーザーに権限を与えます。

chihiro.matsuda$ sudo mkdir mkdir /usr/local/n
chihiro.matsuda$ sudo chown -R $(whoami) /usr/local/n

再度先程commandでのインストール可能なバージョンを調べてみましょう。 今度はpermissionエラーは出力されないと思います。

chihiro.matsuda$ n --stable
9.4.0

node.js LTS版のインストール

chihiro.matsuda$ n lts

       install : node-v8.9.4
       mkdir : /usr/local/n/versions/node/8.9.4
       fetch : https://nodejs.org/dist/v8.9.4/node-v8.9.4-darwin-x64.tar.gz
######################################################################## 100.0%
   installed : v8.9.4

chihiro.matsuda$ node -v
v8.9.4

これで推奨版の最新がインストールされました。

node.jsのバージョンを変更する

めでたく推奨版がインストールされましたが、やっぱり最新版を使いたいということもあると思います。latest バージョンをインストールしてみます。

chihiro.matsuda$ n latest
install : node-v9.5.0
mkdir : /usr/local/n/versions/node/9.5.0
fetch : https://nodejs.org/dist/v9.5.0/node-v9.5.0-darwin-x64.tar.gz
######################################################################## 100.0%
installed : v9.5.0

chihiro.matsuda$ node -v
v9.5.0

無事最新版のnode.jsがインストールできました。

やっぱりさっきのバージョンに戻す!という場合も

chihiro.matsuda$ n lts

で、戻すことができます。 指定されたバージョンがあれば切り替えをし、無ければnode.jsの本家サイトからダウンロードして切り替えます。

細かいバージョンを指定してインストール

lts やlatestを使わず、細かいバージョンを指定してインストールすることもできます。

chihiro.matsuda$ n list

0.0.1
0.0.2
0.0.3
0.0.4
(省略)
8.9.3
8.9.4
9.0.0
9.1.0
9.2.0
9.2.1
9.3.0
9.4.0
9.5.0

ダウンロード可能なバージョン一覧を表示したらダウンロードしたいバージョンを指定してnコマンドでインストールできます。

chihiro.matsuda$ n 9.5.0

nodebrewもいいけど、すでにnpmコマンドが使えるなら n(エヌ) も良い選択ですよー