WordPressをPostgreSQLで使いたいゾウ! ITかあさん

ITかあさん

WordPressをPostgreSQLで使いたいゾウ!

WordPressをPostgreSQLで使いたいゾウ!

WordPressをPostgreSQLで使いたいゾウ!

今回のミッション:WordPressをPostgreSQLで使いたい

WordPressは以下のような環境を推奨されていますが、元々PostgreSQLで構築されたWEBサイトの中にWordPressを突っ込みたかったというのがそもそもの理由でして、基本的にはWordPressの推奨環境を使うようにしてください。
普通のWEBサイト作る上でPostgreSQLだろうが、Mysqlだろうが大差はないです。

WordPressの推奨環境

PHP バージョン 5.2.4 以上
MySQL バージョン 5.0 以上

ITかあさんの作業環境

PHP バージョン 5.2.4
PostgreSQL バージョン 8.4.3
WordPressのバージョン 3.4.2

WordPressでPostgreSQLが使えるプラグインPostgreSQL for WordPress (PG4WP)

WordPressでPostgreSQLが使えるようになる便利なプラグインがすでにあるようです。
このプラグインをダウンロードして、wp-content/pluginsフォルダに設置します。

PostgreSQL for WordPressのシークレットキー取得

こちらにアクセスをし、表示された内容をコピーします。
※こちらは例です。必ずアクセスしてシークレットきーを取得してきてください。

define('AUTH_KEY',         '$q2|DZ8K.U:mN^-E9(1Wb9[O*MU:%YT,PsKDrp8AyrDXW>e5a!uh,w||$/<6>>43');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'V%[^r5P&$:)b9Hy$p-Re1>jKowpo#@XC|vjYoJ6WZ$LgQ_;KgA5p!jB8Sgo(OY;W');
define('LOGGED_IN_KEY',    '.ECIp#x6hd/LHiNN3{P(9ijCzwG%x|46m93qJ&Dq//%)b K3Va|gJKG]2Hv!+,R-');
define('NONCE_KEY',        'r[!P_U,W=^;-&D0`cYPR)%{>xIq?Y8).%)CS6I>i>EUfZyu)iJPCBK5Zj(`*9j#M');
define('AUTH_SALT',        'r8,?%:O==|Q9CJx<V_73-i&l5,})zDr4.|60Y;[?3>S!vg:c%G9DQN;D5j:RxYMj');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'Pf6|FT/gc=VE]cv=+tfMI_,o*[?FI<^<[email protected]]nii1b{nkx}b%+v``hSf!/');
define('LOGGED_IN_SALT',   'a-.Y(/NWO{,[email protected]|mQR15S~HUe3|!|H<GAe-#UZZA.6rfE`2l0hS_~,G<}|)OM');
define('NONCE_SALT',       'WPeqaoWMUoO0.s7Z?mDC=YJr|`;|^j/ADtDJIz~/[OiflgVVUzo;J]v#w-8.ZE])');

wp-config.phpを編集

いつもなら自動で生成しているwp-config.phpですが、今回はさきほどのシークレットキーを記入する関係で手動で作成します。

define('DB_NAME', 'wordpress');
define('DB_USER', 'postgres');//postgreユーザー
define('DB_PASSWORD', '');//パスワードは空
define('DB_HOST', 'localhost');
define('DB_CHARSET', 'utf8');
define('DB_COLLATE', '');

// 以下はさきほどのシークレットキーをコピペする
define('AUTH_KEY',         '***');
define('SECURE_AUTH_KEY',  '***');
define('LOGGED_IN_KEY',    '***');
define('NONCE_KEY',        '***');
define('AUTH_SALT',        '***');
define('SECURE_AUTH_SALT', '***');
define('LOGGED_IN_SALT',   '***');
define('NONCE_SALT',       '***');

プラグインフォルダのdb.phpを編集

以下のように編集して、wp-contentフォルダ直下にdb.phpを設置します。

//db.phpの25行目あたりをtrueに変更
define( 'PG4WP_INSECURE', true);

ブラウザからインストール実行

後はいつも通りのインストールと全く一緒です。
WordPressお馴染みのインストール画面

お馴染みのインスト画面も出てきましたね。

インストールされたPostgreSQLのデータベースを確認

インストールされたPostgreSQLのデータベースを確認

インストールされたDBを確認すると、お馴染みのテーブル構造が出現しています。
無事インストールできたようです!

初めてのことでドキドキしながらチャレンジしてみましたが、現時点の最新WordPressで問題なく動作を確認出来ました!
基本はMysqlなので、あまりオススメしませんが、どうしてもPostgreSQL環境じゃなきゃダメって時にはぜひ!

初夏のJavaScript祭 in サーキュレーションビル ForPro