remi、epelリポジトリを削除したい ITかあさん

ITかあさん

remi、epelリポジトリを削除したい


もし追加したリポジトリを削除したくなったら

設定をうっかり間違えたり、もう一度最初からインストールし直したい時 リポジトリを削除しなければなりません。
依存関係に注意しながら削除しなければなりませんので慎重に作業を行いましょう。

慎重に、といっても自分のインストールしたリポジトリのバージョンを確認しながら行えばよいだけです。

remiリポジトリ、epelリポジトリの削除の手順

1.バージョン確認
2. rpm-e remi-release-○○.remiを先に削除(○○は自分のバージョン)
3. -e epel-release-○○を削除(○○は自分のバージョン)

epelリポジトリの確認

# rpm -qa | grep epel ←epelリポジトリのバージョン確認コマンド
epel-release-5-4  ←出力結果。現在epel は5-4が入っている。

remiリポジトリの確認

パッケージをremiからインストールしていると、そのパッケージも表示されます。

# rpm -qa | grep remi ←remiリポジトリのバージョン確認コマンド
remi-release-5-8.el5.remi  ←出力結果。現在remi は5-8が入っている。
ysql-5.5.20-1.el5.remi ←remiリポジトリでインストールされたパッケージ
php-common-5.3.9-1.el5.remi ←remiリポジトリでインストールされたパッケージ
php-cli-5.3.9-1.el5.remi
php-pdo-5.3.9-1.el5.remi
php-pear-1.9.4-3.el5.remi
php-imap-5.3.9-1.el5.remi
php-devel-5.3.9-1.el5.remi
mysql-libs-5.5.20-1.el5.remi
mysqlclient15-5.0.67-1.el5.remi
mysql-server-5.5.20-1.el5.remi
php-5.3.9-1.el5.remi
php-mysql-5.3.9-1.el5.remi
php-mbstring-5.3.9-1.el5.remi
php-gd-5.3.9-1.el5.remi
php-xml-5.3.9-1.el5.remi

削除実行

削除するリポジトリのバージョンを確認し、バージョンを指定して削除

#rpm -e epel-release-5-4 ←削除コマンド(自分のバージョンをしっかり確認)

先にrpm -e remi-release-5-8.el5.remiから削除をしなさいというエラー。

error: Failed dependencies:
epel-release >= 5 is needed by (installed) remi-release-5-8.el5.remi.noarch

そこで先にremiリポジトリから削除を行う。
#rpm -e remi-release-5-8.el5.remi ←-e remi-release-5-8.el5.remi削除(自分のバージョンをしっかり確認)
#rpm -e epel-release-5-4 ←-e epel-release-5-4あらためて削除

以上で削除が完了です。
2つのリポジトリの依存関係に注意して、先にremiリポジトリから削除実行後、epelリポジトリを削除するようにしてください。