朝霞市在住のWEB系エンジニアかあさんのPHPメインの雑記帳

ITかあさん

最新記事

Vagrantでnode.js環境を作る

Vagrantを最新に

Vagrant 最新
Vagrant環境をアップデートします。

# vagrant -v
Vagrant 1.7.2

Vagrantの本家サイトを確認すると、現在Vagrantは1.8.1が出ているそうで、自分の既存の環境と差をチェックして古ければバージョンをあげます。
最新vagrantダウンロード

Vagrantを最新に

vagrantをインストール
Vagrantを通常のソフトウェアのインストールと同等にインストールするとアップデートされる。

アップデートを確認し、プラグインをアップデート

# vagrant -v
Vagrant 1.8.1
# vagrant plugin update
Updating installed plugins…
All plugins are up to date.

アップデートをしたら、プラグイン関係もアップデートします。

適当なフォルダを作って、vagrant add

CentOS7のvagrantのboxを追加

# mkdir electron
# cd electron/
# vagrant box add CentOS7.0 https://github.com/tommy-muehle/puppet-vagrant-boxes/releases/download/1.1.0/centos-7.0-x86_64.box

box listを確認、vagrant initで使うboxを選択

boxをダウンロードしたら、現在使えるbox listを確認し、使いたいboxを選択します。

# vagrant box list
CentOS7.0 (virtualbox, 0)
# vagrant init CentOS7.0
# vagrant up

vagrant sshよりNVMをインスト

NVM(Node Version Manager)をインスト。
NVMのインストール方法についてはこちらを参照
2016年5月6日現在だと下記が最新。

# curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.31.0/install.sh | bash
# nvm install 5.0

バージョンチェック

# nvm –version
0.31.0
# node -v
v5.0.0

visudo

# visudo

設定変更

env_restを無効
#Defaults env_keep += “HOME”
↓↓↓↓↓
Defaults env_keep += “HOME”パスの置き換えをしないようにする
Defaults secure_path = /sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
↓↓↓↓↓
#Defaults secure_path = /sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin

変更したら一度ログアウトし、再度ログインして設定が反映される。

Vagrantの作業フォルダを変更

スクリーンショット 2016-05-07 10.24.33

vagrant initすると、vagrant fileができて、.vagrantフォルがが出現している。

仮想マシンとしてのフォルダと、PCから作業出来るフォルダはデフォルトでは.vagrantフォルダで共通。
このままでは作業しずらいので、下記のようにvagrant fileを変更した。

config.vm.synced_folderの第一引数はホストマシンでのフォルダ(Vagrantfileから見た時の相対パスで)
第二引数は仮想マシンから見た時のフォルダ。
Vagrantfileを修正したら、ホストマシンにappフォルダを作り、一度vagrant sshで仮想マシンにログインした後、仮想マシン直下にvagrantディレクトリを作成。

ホストマシン

スクリーンショット 2016-05-07 10.49.47

仮想マシン

# vagrant ssh
Last login: Sat May 7 03:42:25 2016 from 10.0.2.2
Welcome to your Vagrant-built virtual machine.
[vagrant@localhost ~]$ pwd
/home/vagrant
[vagrant@localhost ~]$ cd /
[vagrant@localhost /]$ mkdir vagrant
[vagrant@localhost /]$ cd vagrant/
[vagrant@localhost vagrant]$ pwd
/vagrant
[vagrant@localhost vagrant]$ exit
logout
Connection to 127.0.0.1 closed.
matsuda-no-MacBook-Pro:electron root # vagrant reload

仮想マシンにもフォルダを作ったら一度sshをログアウトして、vagrant reloadすればOK.
仮想マシンとホストマシンとのフォルダの階層がVagrantfileに設定したものと正しくあっていなければエラーが出てしまうので注意。

npm initdでプロジェクトの初期化をする

再度vagrant sshで仮想サーバーにログインし、npm initでプロジェクトの初期化をする

[vagrant@localhost ~]$ npm init

色々聞かれるけど、ひとまずここは全部enterでいいかも。
出来上がるファイルが以下。

上記のようなファイルがnode_modulesと同じ階層に自働で作成される

手順まとめ

1.vagrantをインスト
2.CentOS7のvagrantのboxを追加
3.追加したvagrant boxで vagrant init CentOS7.0
4.NVMを追加
5.visudo 設定変更
6.vagrantの作業フォルダの設定 Vagrantfileを変更してvagrant reload
7.npm initでnodeのプロジェクトの初期化を行う。

以上の作業でるvagrantによるCentOS7環境でのnode環境が出来上がりました。

CentOS7×Apache2系でPermission設定777にしても書き込み権限できないときはSELinuxの設定を疑う!

もうだまされないぞ!CentOS7×Apache2系でPermission設定777にしても書き込み権限できないときはSELinuxの設定を疑う!

今回は壮大にはまりましたよ!でも分かってしまうと原因はとても単純でした

久々にWordPressでWEBサイト構築したんですよ、CentOS7とApache2系で。

たとえpermission777にしても、ユーザーグループをapacheにしても権限エラー。。

ことの発端はWordPressのメディアアップローダーが動作しないこと、何度やっても「ディレクトリに移動できません」エラー。ややや?
permission777にしても、ユーザーグループをapacheにしても権限エラーが出るので完全にお手上げ。php.iniのsafe_modeもoffになっているのでこれも違う。

CentOS7ではSELinuxがデフォルトで有効になってるよ

LinuxベースのセキュアOSのSELinux。たとえroot がのっとられてもシステムの影響を最小限にしようぜ!的な考えがあるようですが、かあさんの脳みそでは詳しいことは分かりません。
乱暴ですが、SELinuxを強制的にoffにすることで書き込み権限に関する問題は解決できました!

# setenforce 0

一応、切らずに設定もできるようです。
私の場合、一度offにしhていたのですが、サーバーを落として再度起動した際に再びONになってしまったため発生した問題のようです。
permission 権限、safe_modeもいずれも問題ないのにpermissionエラーが発生したらSELinuxを思い出して頂ければと思います。

CentOS7でLAMP+MongoDB環境を作る

CentOS7でLAMP+MongoDB環境を作る

CentOS

CentOS7(64bit)でLAMP+MongoDB環境をサクっと作るためのコマンドメモです。
自分用にメモっておきました。
近いうちシェルスクリプトで固めて、vagrantで一発で作れるようにしたいなあ。
2016年3月15日時点で、PHP5.6 MySQL5.6 MongoDB 3.2環境の構築手順です。
この他git comporser も入ってますがSMTPサーバーは立ててないのであしからず。
クラウドサーバーのコントロールパネルからポート番号を指定して空けていくことが可能な場合、fierwallコマンドでポート空けて行く作業は必要無いです。

MongoDBリポジトリ

MongoDBはリポジトリを予め指定しておく必要があります。

# vi /etc/yum.repos.d/mongodb.repo

以降、CentOS7 LAMP+MongoDBインストール手順

税と社会保険料から本気で法人化について考える!

ITかあさん、ついに法人化について真剣に考える

税と保険が心配だ

3期目の確定申告も無事終了。今期はさらに多くの収益が見込めそう。うーーーん、税制面でもそろそろ法人化を考えたほうがよい時期に入ったのかも。。。

IT業界に入って早いもので10年が経ち、色んな方に支えてもらいながらエンジニアとして少しは稼げるようになってきたかも。。

稼ぐ→国保高い 税金高い

所得税+事業税でおい、ちょっとしたコンパクトカー買えるわw

今回の確定申告は減価償却もあって難しいため初めてプロに依頼。すると

はい、かあさん様の所得税は●●円(軽自動車一台分)になりまーす

-shared-img-thumb-PAK75_gyoe-20141221140222_TP_V

っぶーーーーーー!(壮大にコーヒーを噴射する音)

税金高い!マジ高い!

何なんでしょうね、この国。自営業者コロす気なんでしょうかね。
所得税だけでコーヒー噴射ですから、市税と事業税も考えるとあと何噴射すればいいんですか?口から火炎放射すればいいんですか?
しかも去年末に住宅購入して、地代家賃がかからないため今期は交通費とネット回線くらいにしかほぼ経費がかからない。今期はさらに増収が見込めるため次の確定申告は今から震えが止まりません。

そこでかあさん考えたんです

ん?そろそろ法人も視野に入れるべき売り上げになってきたんじゃないか?

税と保険から考える!ぶっちゃけ法人と個人ではどっちが特か!?

はい、こっからが半分ステマですよー

税理士に明確な金額付で法人立ち上げと個人のまま、どっちがいいのか聞いてみたい!

今回確定申告でお世話になった会計事務所に、申告のやりとりのついでに質問してみた!

ITかあさん
今回所得税額が高くなってしまったこと、
来期は経費が地代家賃が持ち家のためにかからないこと、
国保以外で健康保険に加入したいこと
来期は地代家賃もほぼゼロなので利益●●万くらい出した場合(経費引いての営業所得)、税と保険は一体いくらぐらいになるんでしょうか?同じ利益幅で法人だった場合どちらが税と保険でメリットがあるのか知りたいのですが、そういうのってやっていますか?

ご相談のシミュレーションはメールベースで資料をお作りまして2万円(税抜)となります。電話相談でも別途料金がかかります

税と保険の検討だけで2万もかかるのかー。他にも検討したいことはあるし、1回で質問は終わらないような気がするなあ。。

そんな時はBizerでプロの専門家に質問してみるといいよ!
だるま?。。だるまだよね?
Bizerなら月額2980円で総務・労務・経理・起業に至る様々な質問を専門家に何度でも質問出来るぞ
。。この流れ、明らかにステマっぽいぞ。
確かにこれはステマだ。しかし、かあさんの2016年の売り上げ予測800万で税・保険がいくらかかるかの予測だけでなく、様々な質問がBizerでは月額2980円で質問し放題だ!
だるま。。売り上げ予測のそこはぼかそうぜ。
次のページで800万円で税と社会保険2つの視点から法人と個人どっちがいいかかんがえてみます